腰部に起因する圧迫性神経障害の代表的な疾患に、腰椎椎間板ヘルニアがあります。神経根が圧迫されることで腰痛、片側下肢の痛み、痺れ、感覚低下、筋力低下などが起こります。

男性にやや多く、L4/5, L5/S1 、年齢が上がるとL4/5より上位腰椎のヘルニアが増加します。

原因が特定できる特異的腰痛の場合、疾患に応じたマネジメントが必要になります。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、急性期では疼痛回避姿勢・動作の指導、障害神経根にに対しては椎間孔を拡大する関節モビライゼーションを実施します。

整形外科クリニックでは、医師によっては身体検査をしない、障害高位・神経根を特定しない、診療録に記載しない、ことがあります。その場合、理学療法士が適切な身体評価を行う必要があるでしょう。

本講義では、腰部椎間ヘルニアの身体評価、椎間孔を拡大するための関節モビライゼーションについて学習します。 

臨床で本当に必要な知識・技術に焦点をあてながら、よりシンプルにわかりやすく伝えることを大切にしています。

すべての受講者に適切な技術をフィードバックできるように、少人数にて開催しています。

実技を習いたい方、実際の評価・治療の流れを知りたい方、フィードバックを受けたい方はぜひご参加ください。

 

講義内容

  • 腰部椎間板ヘルニアの病態・疫学
  • 腰部椎間板ヘルニアの身体評価:自動運動テスト・整形外科テスト・神経学的テスト
  • 椎間孔を拡大するための関節モビライゼーション

受講要項

受講資格理学療法士・作業療法士・鍼灸師・柔道整復師・トレーナー
受講料¥2,000(税込) 新卒・2年目 ¥1,000(税込) 
開催日時平日19:00 - 20:30
定員10名
講義形式対面(オフライン)
会場西東京かとう整形外科(外部リンク)
申込方法開催日時を確認の上、「脊椎・研修会 コース申し込み」をクリック、申し込みフォームに必要事項を記入し送信して下さい。定員を確認後、数日以内にご連絡させていただきます。
注意点入力していただいたメールアドレスに受付完了のメールが自動送信されます。メールが届かない場合は、お問合せください。迷惑メールフォルダに届いている可能性もありますので、ご確認をお願いいたします。