現在、整形外科クリニックのPT求人はとても多いですが、長期間、求人をだしているクリニックも多いです。

 

整形外科クリニックにPTが集まらない・・・なぜでしょうか。帰るのが遅い、1日の担当人数が多い、訪問の方が給与がいい、といった声をよく聞きます。

  

整形外科クリニックは理学療法士の待遇を考える時期に来ていると思います。

 

契約勤務する西東京かとう整形外科でも、PTの給与・勤務時間などを見直しました。具体的には、給与面は新卒400万、5年目450万、10年目500万、勤務時間は終了時間が19:00から18:30になりました。

 

勤務時間の変更により、1日の単位数も見直しました。

 

理学療法士の場合、1日24単位、1週間108単位という決まりがあります。単位数が決まっているということは、リハビリできる人数が決まっています。

 

病院では1日18単位に設定しているところが多いですが、整形外科クリニックはキャンセルを見込んで、1日20〜22単位に設定しているところが多いです。たまに、24単位に設定しているところがありますが、24単位はかなりハードな設定です。 

 

整形外科クリニックで運動器リハビリに最適な1日の単位設定はどのくらいなのでしょうか。

 

午前は9時開始、午後は15時開始の整形外科クリニックを想定して、24単位、22単位、20単位で考えてみたいと思います(1単位ごとに、1分ずらしで計算)。

 

1日24単位

合計で8時間22分です。

   

24単位の設定だと、労働時間の8時間を超えます。週5勤務ならMAX120単位になります。 きついなーきつすぎる。

 

24単位だと、カルテ記録、計画書作成、カンファレンスなどの時間がとれないですね。

 

スタッフ教育の時間も、十分に取れないでしょう。自分の患者の対応に終始してしまいます。

 

また、不測の事態に対応できません。不測の事態には、患者事情、スタッフ事情があります。24単位の場合、スタッフが急病で休んだときは、対応がまったくできません。長期休暇、育児休暇も取れないですね。 

 

給与に反映されていて、かつ、理学療法士が納得しているなら24単位設定もありですが、疲弊してしまうと思います。

 

1日22単位   

 

合計で7時間40分です。

 

週5勤務ならMAX110単位になります。週4.5日なら99単位です。

  

実は、現在、契約勤務している西東京かとう整形外科クリニックは、1日22単位に設定しています。午前12単位、午後10単位です。

 

勤務時間は、午前 8:40 - 13:10、午後14:40 - 18:30 となっており、8時間20分の設定です。ただし、週4.5 日、週5日の勤務が交互にあるため、1週間の勤務時間が79.5時間になっています。この79.5時間の中に、清掃、カンファレンス、計画書作成などが含まれています。院内勉強会の時間は、残りの0.5時間をあてています。

  

22単位をフルでリハビリをした場合、不測の事態には対応できません。また、カルテを書けないスタッフが多いため、残業になることが多いです。

  

1日20単位

合計で6時間58分です。

 

1日20単位設定の場合、8時間勤務だとして1時間2分の余裕があり、清掃、カンファレンス、計画書作成などの時間も余裕がありますね。カルテ記録の時間を十分に確保できるため、残業も少なくなり、定時に帰れると思います。

 

午前・午後ともに、空きコマを設定できるため、不測の事態への対応が可能(ダブルブッキング、テーピング、松葉杖指導など)となります。

 

スタッフ教育もしやすくなりますし、実習生指導も余裕を持って指導ができます。

 

スタッフの長期休暇などにも対応できます。1週間以上の休みが起きた場合も、空きコマを使って対応ができますね。

 

結論

 

患者数とPT人数のバランスが取れている場合、整形外科クリニックの1日のリハビリ単位数は、20単位が理想だと思います。

 

ちなみに、私は、24単位、22単位、20単位、1単位ベース、2単位ベース、と働いたことがありますが、20単位が働きやすいです。

  

散々、20単位設定がいいと述べていますが、整形外科クリニックにおいて、1日20単位設定はリハビリのキャンセルが少ないのが大前提です。単位充足率(稼働率)90%以上を保てる理学療法士なら、20単位設定でも18単位(90%)となり、収益としては貢献していると思います。

 

そもそも論として、24単位設定にして収益が上がるのでしょうか? 

 

24単位でも、単位充足率が75%だったら、同じ18単位です。24単位設定にして、PTが疲弊し、時間のなさから十分なスタッフ教育ができず、下が育たず、新卒入っても3年で辞めて・・・という繰り返しパターンになっていると、長期の求人になるのかなぁと思います。週4.5日なら?と思われるかもしれませんが、週4.5日勤務だとしても、24単位設定は・・・きついですね、1日の疲労が違う、若い時ならできるかもしれませんが・・・40歳になったら絶対嫌です。

 

さて、契約勤務する西東京かとう整形外科ですが、今後、空きベッド(空きスペース)確保のため、1日20単位になる予定です(空きベッドが1台もない、空きスペースがない場合、色々、大変なんですよね)。

 

西東京かとう整形外科は諸事情で20単位になりますが、

 

今後、整形外科クリニックの1日の単位数の設定は20単位がスタンダートになるといいですね。

 

整形外科クリニックを新規に開業される医師の方、運動器リハビリの1日の単位を20単位にして、理学療法士が働きやすく不測の事態にも対応でき、求人が集まる、求人に困らないクリニックを経営されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です