脊椎徒手療法コース(SMTC:Spinal Manual Therapy Course)は、全11コースから構成されています。 

知識・技術を活かすために必要なクリニカルリーズニング(臨床推論)、疾患・病態&人を理解するために必要な主観的評価(問診)はオンラインコースで開催しております。

腰椎・胸椎・頚椎・モーターコントロール・骨盤帯の評価と治療はオンラインコースおよび対面コースにて開催しております。全11コースを通じて、脊椎に関する知識・技術を習得し、局所と全体を考えられる”脊椎のエキスパート”を育成します。

脊椎徒手療法コースは、臨床に役立つ知識・技術をよりシンプルにわかりやすく伝えることを大切にしています。

オンラインコースは土曜日に開催しております。対面コースの予習および復習に役立つ内容となっております。

対面コースは日曜日に開催しております。すべての受講者に適切な技術をフィードバックできるように、少人数にて開催しています。実技を習いたい方、実際の評価・治療の流れを知りたい方、フィードバックを受けたい方におすすめです。

全11コース*を修了後、修了試験に合格された方は「脊椎徒手療法セラピスト(SMTT:Spinal Manual Therapy Therapist)」に認定いたします。

*修了試験受験資格:SMTC1 -10を全て受講された方

脊椎徒手療法コース

SMTC1 クリニカルリーズニング(臨床推論)、SMTC2 主観的評価(問診)は、オンラインでの開催となります。

SMTC1【オンライン】クリニカルリーズニング(臨床推論)

クリニカルリーズニング(臨床推論)とは、臨床でセラピストが的確な判断のもとに行動するための思考過程であり、エキスパートになるための必須の能力の1つです。 クリニカルリーズニングは、”セラピストと患者の相互関係、共同作業” […]

Read more
SMTC2【オンライン】主観的評価(問診)

セラピストが行う評価は、主観的評価(問診)と客観的評価(身体評価)に大別されます。 主観的評価では、”問診スキル”を用いて患者の情報を収集すると同時に、”コミュニケーションスキル”を用いて治療同盟を構築していくことが大切 […]

Read more
SMTC3 腰椎の評価と治療

講義内容 講義1:腰痛のマネジメントに必要な基礎知識 講義2:客観的評価(身体評価) 講義3:治療 受講要項

Read more
SMTC4 胸椎の評価と治療

講義内容 講義1:胸椎イントロダクション 講義2:客観的評価(身体評価) 講義3:治療 受講要項

Read more
SMTC5 神経系の評価と治療:腰椎・下肢

講義内容 講義1:腰椎に関連する神経障害 講義2:神経系の客観的評価:腰椎・下肢 講義3:神経系の治療:腰椎・下肢 受講要項

Read more
SMTC6 頚椎の評価と治療

頸椎は可動性と安定性が同時に要求される部位です。 何かを見る、聞く、嗅ぐといった課題、また、個々の作業環境に応じ、頚部の表層・深層の筋群と肩甲帯が協調して働き安定性を提供しながら、頭部を動かすことを可能としています。 機 […]

Read more
SMTC7 上位頚椎の評価と治療

機能的に頸椎は上位頸椎(C0-2)、下位頸椎(C2-7)、上位胸椎(T1-4)の3部位に分けられ、3部位が課題に応じて独立また協調して動きます。 上位頚椎に関連する疾患・病態として、「外傷性頚部症候群」と「Cervico […]

Read more
SMTC8 神経系の評価と治療:頚椎・上肢

痛みの分類には、侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、痛覚変調性疼痛があります。 痛みの病態によって投薬内容は変わります。神経障害性疼痛を呈する頚部痛の場合、薬物療法が必要かつ有効な場合が多く、セラピストは医師と連携してマネジ […]

Read more
SMTC9 脊椎モーターコントロールの評価と治療

講義内容 講義1:腰部の運動制御 講義2: 腰部の運動制御の評価と治療 講義3:頚部の運動制御 講義4:頚部の運動制御の評価と治療 受講要項

Read more
SMTC10 仙腸関節の評価と治療

講義内容 講義1:仙腸関節障害のマネジメント 講義2:客観的評価(身体評価) 講義3:治療 受講要項

Read more

脊椎徒手療法コース【WEB】

修了試験

準備中