セラピストが行う評価は、主観的評価(問診)と客観的評価(身体評価)に大別されます。

主観的評価では、”問診スキル”を用いて患者の情報を収集すると同時に、”コミュニケーションスキル”を用いて治療同盟を構築していくことが大切です。

忙しい臨床の中で、主観的評価と客観的評価がごちゃ混ぜになっていないでしょうか?

患者をベッドに寝かせた状態で問診をしていないでしょうか?

適切な主観的評価を行うことで、主観的評価の段階で複数の疾患・病態を想起・推測し、客観的評価で行う内容・順番を計画することが可能です。

問診スキル、コミュニケーションスキルについて理解し、臨床で効率の良い主観的評価(問診)について学習します。

講義内容

講義1:主観的評価(問診)

  • 治療同盟に必要なコミュニケーションスキル
  • 情報収集に必要な問診スキル
  • 主観的評価(問診)

講義2:ケーススタディ

  • ケーススタディ:頚部痛
  • ケーススタディ:腰痛

受講要項

受講資格理学療法士・作業療法士・鍼灸師・柔道整復師・学生(医療系)
受講料¥4,400(税込)
開催日時平日 19:00 - 21:00
定員20名
講義形式オンライン(zoom)
申込方法コース開催日」を確認の上、「コース申し込み」をクリック、参加申込フォームに必要事項を記入し送信して下さい。
受講修了条件コース受講後、確認テスト(オンライン)に合格することで修了となります。
注意点入力していただいたメールアドレスに受付完了のメールを自動送信いたします。1週間経ってもメールが届かない場合は、お問合せください。迷惑メールフォルダに届いている可能性もありますので、ご確認をお願いいたします。