セラピストが行う評価は、主観的評価(問診)と客観的評価(身体評価)に大別されます。

主観的評価・客観的評価にて情報を収集し、多数の仮説を形成しながら、仮説を修正・整理し、介入のために臨床意思決定を行います。

臨床意思決定を行うために必要な情報の多くは、主観的評価から得ることができます。

忙しい臨床の中で、主観的評価と客観的評価がごちゃ混ぜになっていないでしょうか? 

患者を横にして身体を触りながらの問診している、今日は膝が痛いと言われてすぐ膝を触っている場合、主観的評価が不十分になっている可能性があります。

系統的な主観的評価を行い、臨床意思決定に必要な情報を効率良く収集します。そして、主観的評価を終えた時点で、複数の疾患・病態を想起・推測し、客観的評価(身体評価)で行う内容を計画します。

主観的評価で必要なスキルは問診スキルとコミュニケーションスキルです。問診スキルを用いて患者の情報を収集すると同時に、コミュニケーションスキルを用いて治療同盟を構築していくことが大切です。

講義では、コミュニケーションスキル、問診スキル、ケースを用いて主観的評価について紹介します。

講義内容

  • 治療同盟に必要なコミュニケーションスキル
  • 情報収集に必要な問診スキル
  • 主観的評価(問診)
  • ケーススタディ:頚部痛・腰痛

受講要項

受講資格理学療法士・作業療法士・鍼灸師・柔道整復師
・トレーナー(医療機関勤務)・学生(医療系)
受講料¥3,300(税込)
開催日時コース開催日に記載
定員20名
講義形式オンライン(zoom)
申込方法コース開催日」を確認の上、「受付中」をクリック、申込フォームに必要事項を記入し送信して下さい。
注意点入力していただいたメールアドレスに受付完了のメールを自動送信いたします。1週間経ってもメールが届かない場合は、お問合せください。迷惑メールフォルダに届いている可能性もありますので、ご確認をお願いいたします。